コーヒー豆 通販なら清水珈琲  時間をかけて、弱火で焙煎したこだわりのコーヒー豆販売
 カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

Siphon( サイフォン ) とは英語で吸い上げるという意味。サイフォンはガラス製で出来たコーヒー抽出器具です。 1840 年にイギリスで発明されました。欧米ではバキュームポットと呼ばれています。抽出のすべてが外から見えるという面白さがあり、インテリアとしても良く、味と香りも安定したコーヒーが楽しめます。
<挽き具合>細挽きまたは中細挽き
まずご用意していただくものは
「サイフォン」、「ろ過布」になります。
フラスコに人数分のお湯を入れ、ロートにフィルターを固定させ、杯数分のコーヒーの粉を入れてフラスコに差し込みます。
湯が沸騰したらフラスコにロートを差し込みます。温度が低いうちに差し込みますと味がよく出ないので注意してくださいね。
フラスコからお湯がロートに上がってきて、粉がお湯の上に浮いた状態になったら竹ベラで全体を軽くかき混ぜます。
ここが重要です!!
その後、 45 秒位たったらもう一度全体を軽くかき混ぜます。 火を消してから1分前後で、フィルターでろ過されたコーヒーがフラスコにおりてきて出来上がりです。


新しいろ過布を使う場合はお湯で洗ってコーヒー粉を加えた水で煮込み、コーヒーに馴染ませてから使用してください。また使用後に、ろ過布は乾燥させると、コーヒーの脂肪が酸化して異臭を放つようになってしまいます。それに洗剤で洗ったりしないようにしてください。洗剤を使うと匂いが移り、次に使ったときにコーヒーに洗剤の匂いがついてしまいます。ろ過布の取り扱いには注意してください!